料金

料金

まず、料金についての説明ですが、登録は全てのサイトで男性も女性も無料です。
女性である人妻の方は、利用料金も無料ですので、いくら利用しても完全無料、一切料金がかかることはないので安心して使ってください。

 

男性の方も、使った分だけポイントを消費しますが、知り合った人妻さんと最初にLINEのIDを交換しておくなど上手に利用すれば、数百円程度のコストしかかかりません。

 

人妻との出会いは、ポイント制出会い系サイトの醍醐味でもあります。定額制の出会い系サイトでは既婚者の比率は非常に少なくなるからです(実質的にいないものと考える)。
どのポイント制サイトでも人妻はいるわけですが、一般的にはワクワクメールとハッピーメールは人妻出会いに定評があり、Jメールも人妻に強いサイトとして知られています。

 

ここでは料金について比較していきますが、料金というのは男性会員が負担するもので実質的には大差はありません。ただし、最初にもらえる無料ポイントなどはサイトによってかなり違いがあります。ここではその点についても比較していきたいと思います。

 

 

5点
ハッピーメール
メールを読む 0pt
メールを送る 5pt
掲示板に書き込む 5pt(各ジャンル一日一回に限り無料)
掲示板の書き込みを見る1pt
プロフを見る 0pt
※(画像をみると2pt消費)
入会時獲得ポイント(男性)は135pt

 

ハッピーメールは、消費ポイントも入会時獲得ポイントもいちばんです。しばらくプロフ閲覧が1pと変わらなかったのですが、これもワクワクメールに合わせて、きちんと0ptにしてきました。入会してからも無料ポイントの配布もありますから、これらをうまく使えばほとんどコストを掛けずに遊べる人もいるのではないでしょうか。

 

 

4点
ワクワクメール
メールを読む 0pt
メールを送る 5pt
掲示板に書き込む 5pt(各ジャンル一日一回に限り無料)
掲示板の書き込みを見る 1pt
プロフを見る 0pt
※(画像をみると2pt消費)
入会時獲得ポイント(男性)は120pt

 

ワクワクメールは、ポイント制の出会い系サイトの料金を今のレベルに押し下げたことでも知られています。ワクワクメールが料金を下げると、ほかのサイトでもそれに合わさなければならなかったからです。
男性が入会時にもらえる無料ポイントは120ptということですから、ハッピーメールには負けてしまいます(135pt)。しかしワクワクメールも100pt以上ももらえるのですから、決して少ないというわけではありません。

 

 

3点
PCMAX
メールを読む 0pt
メールを送る 5pt
掲示板に書き込む 5pt(各ジャンル一日一回に限り無料)
掲示板の書き込みを見る 1pt
プロフを見る 1pt
※ 写真・動画を見る3pt
※ のぞき見マル秘データを見る 2pt
※ 裏プロフを見る 10pt
入会時獲得ポイント(男性)は50pt(期間限定100pt)

 

PCMAXは2002年に開設されてから10年以上にわたって運営されています。2012年頃から、今までにないキャンペーンを繰り返しており、タイミング良がよければ、キャンペーン中は消費ポイントが半分になります。PCMAXはキャンペーンがなくても決して高いというわけではないですが、男性には嬉しいサービスですね。入会時のお試しポイントも、ほとんどの場合100ポイント(通常は50pt)が進呈されています。

 

 

3点
Jメール
メールを読む 0pt
メールを送る 7pt
掲示板に書き込む 5pt(各ジャンル一日一回に限り無料)
掲示板の書き込みを見る 1pt
プロフを見る 0pt
※(画像をみると2pt消費)
入会時獲得ポイント(男性)は100pt

 

Jメールも料金はほとんど最安値クラスのサイトとおなじなのですが、「メール送信」だけは7ポイントとなっており、この部分がマイナス評価となります。ただしJメールファンからは、「メール送信」が7ポイントとなることにケチを付ける人はいません。Jメールを実際に使ってみると、さまざまな利用者特典があり、ハッピーメールほどではないにせよ、無料ポイントの配布もしっかりあるからです。

 

 

2点
YYC
※ 1pt=1.08円(10pt=10.8円)
メールを読む 10pt(VIP会員は無料)
メールを送る 50pt
掲示板に書き込む 50pt(初回のみ0pt)
掲示板の書き込みを見る 10pt
プロフを見る 10pt(VIP会員は無料)
入会時獲得ポイント(男性)は300pt
※ プロフ写真を見る 0pt
※ 3000ptでVIP会員なれる(18日間)。VIP会員になるとプロフィール、掲示板の無料で閲覧でき、お気に入りリストも無制限で利用可能。

 

YYCはミクシィの関連子会社(100%出資)である株式会社ダイバースが新しい運営元になりましたが、今でもlivedoorネームは残っており、なおかつYYCはいまでもlivedoorポータルに含まれています。
YYCの料金体系はほかのサイトとそれほど差はありませんが、VIP会員にならないといくつかの点で違いがあります(「メールを読む」「プロフを見る」などが無料となる)。それと入会ポイントが300ptですが、これはメール送信で6回分にしかなりません(10pt=10.8円)。そのため点数は、ややマイナス評価となりました。

トップへ戻る