MENU

出会い系サイトといえば切っても切り離せないのはサクラだけではありません。
「援助交際」も出会い系サイトという言葉からイメージするものの一つでしょう。

 

現在は2009年に施行された出会い系サイト規制法により未成年が出会い系サイトに登録することはできません。
それでも援助交際による事件は後を絶ちません。
それはなぜでしょうか。

 

そもそも援助交際というのを未成年ということに限定しているということが間違いです。
援助交際というのはそもそも売春という言葉の隠語として誕生しました。
その援助交際が今では定着した言葉になっているため、またその隠語としてさまざまな言葉が誕生しています。
援助交際が売春ということを考えるとその年齢に制限がないことがわかります。
お金をやり取りすることが目的で身体の関係を持つ、それが売春の定義になります。

 

売春をモラルに反する、ということを考えることが一般的ではありますが、人妻がお金に困ったとき、最も手軽で最も危険を伴い、そして最も短時間で高額な金額を手にすることができる方法、それが売春であるということは多くの方が頭の隅にあるはずです。
しかしそのことを行動に移すかどうかはまったくの別問題になりますが、それでも行動に移す人が少なくはないというのは現状でしょう。
また、一度売春行為を行えば繰り返す、ということが傾向としてあるようです。

 

身体を目的とした金銭の授受、これは犯罪になるのだということはしっかりと肝に銘じて出会い系サイトを利用しなくてはなりません。

 

人妻と出会えるランキングはこちら
上記のサイトなら安心して登録できます。【登録無料】